Blogカレンダー
<  November 2019  
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
blogカテゴリ
Blog最新記事

新着情報ブログ~小川からのお知らせ~

アーカイブ | RSS |
  

不動産業について思う事

投稿日時: 2016.04.19 (547 ヒット)

不動産業について思う事を記載させて頂きます。

 

不動産は全ての人に係わりのあるものです。マイホームを持つ方、マイホームより気軽に住めるアパートを好まれる方、また土地を貸す方、借りる方。様々な人が色んな形で係わりを持たれます。

 

賃貸も売買もそうですが、決して安いものではありません。また借りた・買った・売った後に後悔される方も少なくないと思います。その中でも買った後について書きます。マイホームを購入した時、その出来が満足できるものだった人は大変喜びます。私がマイホームを購入した時の喜びは凡そ一生に一度限りのものです。ですが、不動産業というのは、その一生に一度の喜びをお客様の横で一緒に、何度も感じられる大変素晴らしい仕事なのです。不動産を扱うという事は、法律が変わる度に勉強し、また関わる分野も多い事から一生勉強しないといけない仕事です。ですが、その勉強のおかけで、お客様から『ありがとう。あんたに頼んで本当に良かったわ』と言われた時、どれほど辛い想いをしても、どれだけ苦労したとしても報われるのです。過去に契約内容でお客様と一緒に色々苦労し、やっと引き渡しが出来る状態になった案件がありました。その最期にお客様から感謝の言葉をいただき、苦労した分感情がこみ上げてきて涙しそうになった事もありました。

私はお客様より先に諦めませんし、お客様が諦めても諦めません。

 

最後に、自分が係ることが出来た人には、必ず笑顔になって欲しい。その想いを一生大切にしながら、この仕事と向き合っていきたいと思います。


自己紹介

投稿日時: 2016.04.19 (723 ヒット)

 私は岐阜県本巣市(旧岐阜市中西郷)で産まれました。他の子より一回り程大きかったそうで、近くに田んぼや畑のある田舎で過ごし、外で遊ぶ事が多かった事からかなりわんぱくに育ちました。

 

 小学5年生の11歳の時、都城市に越してきました。都城市は生まれ故郷に環境が似ていてすぐに馴染めました。都城市でも引き続きわんぱくに育ててもらいました。

 

 高校は当時柔道で金メダルを取りたいと思い、都城で柔道が一番強かった都城商業高校へ行きました。しかし現実の厳しさを感じさせられる結果に終わり、日々の練習の厳しさから3年間は本当に長く辛かったと今でも昨日の事のように覚えております。

 

 高校卒業後は大阪府へ上京しました。田舎育ちの私にはビル群がいつまでも続く大阪の街並みは大変刺激がありました。また、街のど真ん中を通る高速道路には大変違和感も感じました。ですが、人に恵まれすぐに馴染むことが出来ました。今でもお世話になった方々には大変感謝しております。

 

 大阪は18歳からの10年間を過ごし、私にとっては第二の故郷のように思っております。色々な仕事を経験させてもらい、最終的に不動産業にたどり着きました。大阪市淀川区という場所に住み、不動産会社に勤めていたのですが、様々な人が集まる立地から、様々な部分で大変勉強をさせていただきました。淀川区というのは、有名なものだと新幹線の停まる新大阪駅がある場所です。梅田までも自転車で頑張れば20分ほどで着きますし、徒歩圏内にJR東海道本線、阪急京都線、地下鉄御堂筋線があり大変便利な立地でした。

 

 大阪の不動産屋では賃貸がメインの仕事でしたが、上場企業の役員の方から学生さんや外国人の方や大阪で問題になっている生活保護の方など様々な方と係わりが持てた事で、営業マンとしての経験を数多くさせて頂きました。この経験は今でも大変役にたっております。

 

 大阪で不動産業を約3年半経験した頃、独立してみたいという気持ちが芽生えてきました。そして、独立するなら地元都城市でやりたいという想いがあったので大阪を離れ都城市へ引っ越す事を決意します。大阪にはお世話になった人や友人もいましたので、都城へ帰る事を決意するまでに約1年かかりました。

 

 都城に帰ってからは、都城の不動産会社で売買を中心に約4年半勉強させていただきました。また、学生として住んでいた都城と、社会人として住む都城との違いや生活に慣れる事も出来、無事独立をする事になりました。

 

 これから生涯現役を目指して頑張って行きますので、宜しくお願いします!


不動産を売りたい方へ 会社案内 新着情報とブログ:小川からのお知らせ